社員を知る

2022年4月21日

人が変われば職場の環境も変わる。人と職場に密接に関われる人材業界へ。

こんにちは!
ラクスパートナーズ採用担当の高塚です。

前回に引き続き、本社スタッフのインタビューをご紹介!
らくのーと。ではインタビューを抜粋してお届けします!

第2営業部 花田 紘介
大学卒業後、ジュエリーメーカーに入社し、店舗での販売、店舗管理・パートナーセールスを約5年間経験。2018年2月にラクスHR事業部(現ラクスパートナーズ)へ入社。
開発エンジニアの派遣営業を経験後、現在は既存クライアントの営業担当を担う。

― 前職のジュエリーメーカーではどんな仕事をしていたのですか?

おもに店舗管理を担当し、売上アップのための施策づくりやスタッフの育成、数値管理などを手がけました。
メンバーのモチベーションやチーム構成によって売上が目に見えて変わることを経験し、「人」の重要性を肌で感じ取ることができました。

その一方で、店舗のスタッフィングは別会社が行っていたため、自分の予算を持ちながらも、自分の裁量に限りがあることにジレンマを感じていたことも正直なところです。

― そのジレンマが転職を考えるきっかけに?

そうですね。もっと大きな裁量を持ち、自分の働きがダイレクトに反映される環境で力を試したい。そう考えるようになりました。

くわえて、人が変われば職場も変わる、逆に職場が変われば人も変わることにおもしろさを感じていましたので、人と職場に密接にかかわる人材業界に絞り込んでいきました。

― なぜラクスパートナーズに決めたのですか?

人と企業のニーズをつなぎ、双方に貢献できる仕事に挑みたかったのですが、私が話を聞いた企業の多くは、人と企業に対する担当を縦割に切り分けていました。
一方、ラクスパートナーズでは各担当者が人と企業の両面にかかわり、双方の課題解決に取り組んでいると。そのスタイルに強く惹かれました。

― ITにも興味があったのですか?

ほとんどなじみのない分野でしたが、抵抗はなかったですね。むしろ成長分野という印象が強く、やってみたいという気持ちが強かったです。
面接時に話を聞くと、私のように他業界から転職してきたメンバーが多いことを知り、多彩な人たちと切磋琢磨し、刺激しあえることにも意欲を掻き立てられました。


インタビューページでは、成長につながる風土だと感じた点や弊社にジョインして感じた魅力についてお話いただいています。

★インタビュー全文はこちらからどうぞ!★
https://www.rakus-partners.co.jp/recruit/interview4.html

ラクスパートナーズは一緒に企業を育てていくメンバーを募集中です!
ぜひこちらから確認してみてくださいね!

★リクルートページ★
https://www.rakus-partners.co.jp/recruit/

高塚愛梨

高塚 愛梨

2018年1月入社。 本社スタッフ採用を担当しています。 人と人の縁をつないでいく採用のお仕事が大好きです。 らくのーと。ではラクスパートナーズの魅力をお伝えできるよう、がんばります!